第57回京都病院学会発表

当院では毎年、京都病院学会にリハビリテーション部から参加、発表をしています。
今回は作業療法士のスタッフが一般演題 リハビリテーション部門で発表を行いました。
発表までの資料作成等をリハビリテーション部でサポートしました。

<発表内容>
演題
『重度片麻痺の女性に対して、下着を含めた上衣更衣が自立し、QOLが向上した一例』

女性の患者様の日常生活での悩み、思いを傾聴し下着(ブラジャー)の使用の希望が分かりました。患者様の望まれる下着について、着脱方法の練習と、自助具の工夫にて希望の下着の使用が可能なりました。

ブラジャーの着脱関連の文献は少なく、下記文献の記載のように作業療法分野でも十分に関われていない部分があるようです。今回は当院作業療法士のきめ細やかな関わりによって患者様のADL、QOLを向上させることができました。
患者様の希望を傾聴し、生活に寄り添えるリハビリテーションを実施していければと思います。

(文献引用部分)
ブラジャーの着用は「女性の尊厳」や「生活の質」に大きくかかわるものであり,退院後の外出,社会復帰の満足度にも影響する要素である.ブラジャー着用動作は,これまで作業療法分野であまり多くは語られてこなかった.公の場や異性間で語るのは避けられがちなテーマでもあるがゆえに,われわれは患者のブラジャー着用のニーズを見落としてきた可能性もある(原口ら OT ジャーナル 56 ⑵:186‒187,2022)