事務職

事務職の仕事

利用者様と患者様、
そして職員の居心地がよい病院へ

事務職員の仕事は、日々求められる業務が違うので臨機応変に動く必要があります。

修繕作業や物品購入、物品整理は、現場で働いている専門職の方の要望や意見を聞いてから作業することになります。したがって、一日をどのように動くかという計画を事前にしておき日々業務にあたることは、大切になってきます。他の施設の職員と連携して業務にあたることもあります。

幅広い業務に携わって、日々経験を積むことができるのが事務職員です。

1日のスケジュール

8:30 業務開始
9:00 掲示物等の作成 ※日により変わります。
10:00 修繕作業等 ※日により変わります。
12:30 お昼休憩
13:30 物品購入 ※日により変わります。
14:30 物品整理
16:00 業者対応
17:00
業務終了

先輩職員の声

この施設、または法人を
選んだ理由は何ですか?

事務職員として様々な職種の方と連携していくことができる職場であると感じたからです。また、働きやすい職場に魅力を感じ、長く働くことができる環境が整っていると思ったからです。

先輩職員からの教育や、後輩への
指導はどのようにしていますか?

事務職員の仕事は現場で仕事をされている方のサポートであることから多岐にわたります。そのため、新たな業務のたびに丁寧に先輩職員の方から教えていただいております。

入職後、仕事を通して
成長した点を教えてください。

幅広い仕事を経験するようになり、視野を広げて行動できるようになりました。仕事中の嬉しかった
エピソードなど聞かせてください。病棟で作業をしているときに「いつも、ありがとう」と利用者様に言われたときです。利用者様と直接関わる機会は、多くはありません。それでも見てくださっている利用者様が、おられるということに気づかされました。

転職活動をしている方へ
メッセージをお願いします。

困ったときやわからないときには、たくさんの人が気にかけてくださる職場です。ぜひ、一度職場を見に来ませんか。