事務部門が実施した新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスの影響は様々ですが、事務部門でも何か対応に貢献できないかと考えてきました。

今回は事務部門で実施した新型コロナウイルス対策の一部を紹介します

非接触検温器の導入!

コロナ渦の中、受診とは言え病院に行くのも不安ですね。

自分自身もコロナ感染者かもしれない?!というほど、感染者が増えています。
自分のため、家族のため、まわりの人のため、出来る事からしていきましょう!

外出時のマスク着用、手指消毒はもちろん、毎日の検温も忘れないようにしましょう。

当院にも待望の非接触検温器を導入しました!!

※病院に入って受付前に非接触検温器を置いていますので、外来受診の方・入院患者の家族様の来院時には必ず検温をお願いします。

車椅子の方やその他ご利用が困難な方は病院スタッフが対応させていただきますので、お声かけ下さい。

リモート面会用のブースを設置しました!

感染症対策のため、現在入院患者さまの面会をお断りさせていただいております。

患者さま、ご家族の方には大変ご不便をおかけしており、ご心配されていることと思います。

  • 入院中の家族が元気に過ごしているのかな?
  • 少しでいいから顔が見たいなぁ
  • 声を聴きたいなぁ

のご要望にお応えできるよう当院ではリモート面会を実施しております!

今まではオープンスペースでのリモート面会だった為、まわりに声が気になっていました・・・

今回、リモート面会専用のブースを設置しました! 

これで安心してご家族とお話が出来ますね♪

※リモート面会についての詳細は、「リモート面会実施中」をご確認ください。

是非、お気軽にご利用下さい!

職員への連絡事項を紙からデジタルへ

以前は職員への連絡方法は、紙で印刷した周知文を各部門に配布する形式をとっていました。

現在、周知内容を紙からデジタルへ移行することで物理的に配布する必要がなくなりました。

誰が確認したかも確認できますし、会議もオンラインで行うことが増えました。可能な限り職員間の接触も減らせるようにしています。

事務部門としても色々と実施できることがありますので、今後も感染予防対策に努めてまいります。