クリニカルセミナー「回復期リハ実態調査と京都リハビリテーション病院」

当院リハビリテーション部では、クリニカルセミナーと称した研修会を開催しております。
今回の研修内容と受講した若手作業療法士の感想を掲載いたします。

クリニカルセミナーの内容

今回の研修は、全国の回復期病棟協会が発行している調査報告書のデータと、当院の平均在院日数や日常生活動作の改善率などのデータを比較することで、当院の強みや課題を学ぶ内容でした。

 
 
 
若手作業療法士より
リハビリという仕事を通して患者様と接するなかで、果たして当院では患者様のニーズである、早期退院という希望に応えられているのか、効率的なリハビリを提供できているのかといった疑問を抱くことがあります。
 
本研修では、当院と全国(協会)を比較し、入院期間や生活動作の改善率などから、どの点で差が出ており、また全国と比較したときの当院の強み・弱みがどこなのかを確認することができました。
 
また、多職種間での迅速な連携や情報共有、病棟・自宅の環境調整、適切な予後予測を行ったうえで、リハビリ評価、治療を実施することにより、早期退院へ繋がることを再認識致しました。
 
今回の研修で得た知見を念頭に置き、リハビリを実施することで、患者様の生活に寄り添い、効率的なリハビリの提供を心がけようと思いました。